やま・さと応縁隊

やま・さと応縁隊とは,群馬県HPを引用すると

「群馬県では平成24年度から「群馬県やま・さと応縁隊」事業を行っています。この事業は、県内の若者と地域の人々による中山間地域の活性化を目的としています。県内の大学生や短期大学生、専門学校生が「やま・さと応縁隊」を結成し、地域の資源や魅力を発見し活性化への道筋を探ります。活動する地域は「やま・さと応縁隊」が決め、活動内容も大学生たちによるみずみずしい自由な発想に任せます。」とのこと。

公共政策研究室では,「若者目線での地域資源の再評価と6次産業化に向けて」と題して,コンペを経て研究室単位で受託しました.地域資源の発掘(1次)とそれらの結びつけ(2次),そして発信(3次)を目標に活動してきました.